おすすめの国産プロテインまとめ

プロテインとウエイトゲイナーの違いを解説

トレーニングで体を大きくしたいというときに真っ先に思い浮かぶのがプロテインだと思いますが、似たようなパッケージでウエイトゲイナーというものもあります。

簡単に言ってしまうと太るために大量のカロリーを摂取するために使うサプリメントなのですが、ぱっと見でプロテインとウエイトゲイナーの見分けがつきにくいので、プロテインだと思って購入したらウエイトゲイナーだった…なんてことや、そもそもウエイトゲイナーだと気付かずにプロテインだと思って摂取している人も多いです。

今回は似ているようで全く違くプロテインとウエイトゲイナーの違いについて解説します。

プロテインとウエイトゲイナーの違い

①目的が違う

プロテインを摂取する目的は『効率的にタンパク質を摂取する』ことです。

ウエイトゲイナーは『効率的にカロリーを摂取する』ことが目的になります。

筋肉をつけるためにはタンパク質を摂取するのはもちろんですが、たくさんのエネルギーが必要になります。

たくさん食べることができる人であれば十分なカロリーを摂取できますが、食が細い人であればウエイトゲイナーを利用するのも1つの方法です。

②成分が違う

上で書いた通り、それぞれ目的が違うので当然成分も違います。プロテインはその名の通り『タンパク質』がメインで70~90%含まれています。(それ以下のプロテインは避けたほうがいいです)

対してウエイトゲイナーは炭水化物と脂質が多くタンパク質の割合は20%程度の商品が多いです。

プロテインとウエイトゲイナーを間違えないよう注意!

こちらの写真は同じメーカーのプロテインとウエイトゲイナーです。

わかる人であればウエイトゲインと書いてあるので問題ありませんが、トレーニング初心者であればわからずにプロテインだと思って買ってしまうこともありそうです。(僕も初めて買ったプロテインがウエイトゲイナーでした…)

特にドラッグストアなんかではプロテインコーナーに並んでおいてあるので注意が必要です。

ウエイトゲイナーとプロテインを間違わないために

パッケージを確認

まずはパッケージにウエイトゲインなどと書いていないか確認しましょう。中にはウエイトゲイナーでも『ホエイプロテイン使用』と書かれた紛らわしい商品もあります。(ウエイトゲイナーに含まれている少しのタンパク質にホエイを使用しているのでウソではありませんが…)

成分を確認

プロテインとウエイトゲイナーの大きな違いはタンパク質と炭水化物の量です。一般的に

といった違いがあるので成分を確認すれば間違うことはなくなるでしょう。

ウエイトゲイナーってそもそも必要?

あくまで個人的な考えですが、サプリメントのなかでウエイトゲイナーの優先順位は低いです。

しっかりと食事からカロリーが摂れていればわざわざ用意する必要はないでしょう。ただし、以下のような人の場合は使用してもいいかもしれません。

  • 食が細くてたくさん食べるのがキツイ人
  • 食事を用意する時間が取れない人
  • 人より食事を摂っても体重が増えずらい人(ハードゲイナー)
注意
ウエイトゲイナーの主な成分は糖質になります。血糖値が高い人や糖尿病の人は使用しないようにしましょう。また、健康な人であっても過剰に摂取すれば糖尿病などのリスクを高めることになるので適切に使用しましょう。

プロテイン+粉飴で簡易ウエイトゲイナー

ウエイトゲイナーの主な成分はマルトデキストリンという糖類です。このマルトデキストリンは粉飴という名前で楽天やAmazonで安く買うことができるので、プロテインに混ぜることで簡易的なウエイトゲイナーを作ることができます。

created by Rinker
H+Bライフサイエンス
¥756 (2018/9/9 14:40:53時点 Amazon調べ-詳細)

1㎏で800円弱なので普通のウエイトゲイナーと比べて非常にお得です。またマルトデキストリンは吸収が速いので運動中の糖質補給にも向いていますので、BCAAと混ぜてトレーニング中に飲むなど幅広い使い方ができるのでおすすめです。