おすすめの国産プロテインまとめ

【決定版】本当におすすめの国産プロテインを種類別に紹介!

ウエイトトレーニングの効率を高めるために、たんぱく質を効率よく摂取できるプロテインパウダーは是非、利用するべきです。

最近では各メーカーから多くの商品が販売されていて、始めてプロテインを買う人はどれを選んでいいか迷うでしょう。

そこで今回はおすすめのプロテインを紹介します。初心者でも買いやすいように国産メーカーを選び、味や溶けやすさ、価格などわかりやすく評価をつけています。

もちろんトレーニング経験者にもおすすめできるものばかりなので、参考にしてください。

WPCプロテイン

最もオーソドックスなホエイプロテインで、特に理由が無ければこのタイプを選べば問題ありません。ただし、乳糖不耐症の場合、お腹がゆるくなる可能性があります。その場合は後で紹介するWPIタイプを選びましょう。

 バルクスポーツ ビッグホエイ

 

たんぱく質含有率 75%(ナチュラル味)
価格(Amazon) 1kg 約3500円 2.3kg 約7500円 5kg 約16000円

 

”高品質・低価格”のおすすめ国産プロテイン!

 

筋トレ愛好家にとってはおなじみのバルクスポーツのビッグホエイは国産メーカーでは最高レベルのコストパフォーマンスで人気です。

たんぱく質含有率は75%(ナチュラル味)とWPCではまずまずの数字で、溶け、泡立ちの少なさ、フレーバーの種類&美味しさ、高いレベルでバランスの取れたプロテインです。

 

第三者機関による成分表示の正確性やドーピング物質の混入がないかなどのテスト結果が公表されているのでドーピングチェックのある競技を行っている競技者でも安心して使用することができます。

個人的にはストロベリーショートケーキ味がおすすめ。

 

ビッグホエイの評価
たんぱく質含有率
(3.5)
(4.0)
溶けやすさ
(4.0)
値段
(3.5)
おすすめ度
(4.5)
created by Rinker
バルクスポーツ
¥3,143 (2018/08/14 00:34:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

アルプロン ホエイプロテイン

 

 

たんぱく質含有率 約75%(チョコレート味)
価格(Amazon) 1kg 2,232円 3kg 7,120円

 

”圧倒的なコストパフォーマンス”で学生の部下にもおすすめ! 

 

フレーバー付きのプロテインで1kg3000円を切るという低価格が魅力のアルプロンのプロテイン。少し味が薄いので少なめの水でシェイクして飲むのがおすすめです。

 

少しだけ泡が立ちやすいのと味が薄く感じるのが難点ですがそれを補って余りあるコストパフォーマンスです。学生でも購入しやすい価格なので部活動にもおすすめです。

 

アルプロン ホエイプロテインの評価
たんぱく質含有率
(4.0)
(3.0)
溶けやすさ
(3.0)
値段
(4.0)
おすすめ度
(3.5)
created by Rinker
ALPRON (アルプロン)
¥2,480 (2018/08/14 00:34:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

グリコ マックスロード ホエイプロテイン

 

 

たんぱく質含有率 約67%(チョコレート味)
価格(Amazon) 3.5kg 8,140円←Amazon定期便で約8100円!

 

”有名メーカー”のプロテインが低価格で飲める!

 

お菓子でおなじみ、グリコのスポーツサプリメントブランドであるパワープロダクションの代表的な商品がこちらのマックスロードホエイプロテインです。

 

少しだけ、たんぱく質含有率が低いですが3.5kgで約9000円と有名メーカーでありながら3000円/kgを切る低価格が魅力です。Amazon定期便を使えば約8100円とさらに安く購入することができます。

 

聞いたことの無いメーカーから販売されているプロテインはちょっと不安…という人もいるかもしれません。そういった人におすすめしたいプロテインです。

 

マックスロード ホエイプロテインの評価
たんぱく質含有率
(2.5)
(3.5)
溶けやすさ
(3.5)
値段
(4.0)
おすすめ度
(3.5)

 

ビーレジェンド ホエイプロテイン

 

たんぱく質含有率 約71%(激うまチョコ味)
価格(Amazon) 1kg 3,980円

 

”豊富なフレーバーと溶けやすさ”が人気のプロテイン!

 

以前は知る人ぞ知るプロテイン?という感じでしたが、現在ではトレーニング愛好家の間で定番のプロテインの1つになっています。

 

人気の理由はプロテインとしての質はもちろん、迷ってしまうほど豊富なフレーバーと溶けやすさにあります。特に味には定評があり、プロテインとしては珍しく爽やかなフルーツ系のフレーバーが多いのが特徴です。

個人的には南国パイン風味がおすすめです。

 

ビーレジェンド ホエイプロテインの評価
たんぱく質含有率
(3.0)
(4.0)
溶けやすさ
(4.5)
値段
(3.0)
おすすめ度
(3.5)
created by Rinker
ビーレジェンド(be LEGEND)
¥3,480 (2018/08/14 00:57:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

エクスプロージョン ホエイプロテイン

 

たんぱく質含有率 約78%(プレーン味)
価格(Amazon) 3kg 6,280円(プレーン味)

 

超ハイコストパフォーマンスの国産プロテイン!

 

現役のトップパワーリフターが経営している会社が製造する高品質・低価格のプロテインです。

トレーニングしている人が思うこんなプロテインがあったらなあ…という願いを叶えている製品と言えます。たんぱく質含有量が高く、1kgあたり約2000円と言う圧倒的な高価格で各フレーバーのレビューも美味しいという意見が多いです。

ブラッドオレンジ、杏仁豆腐、甘酒などプロテインとしては珍しいフレーバーも多いのでいろいろ試してみたくなりますね。(できれば1㎏パックも販売してほしいですが…)

 

エクスプロージョン ホエイプロテインの評価
たんぱく質含有率
(3.5)
(4.0)
溶けやすさ
(4.0)
値段
(4.0)
おすすめ度
(4.0)
created by Rinker
X-PLOSION(エクスプロージョン)
¥5,974 (2018/08/14 03:35:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

ザバス ホエイプロテイン 

 

 

 たんぱく質含有率 約71%

価格(Amazon) 1kg 4280円→Amazon定期便で3852円!

 

”Amazonでベストセラー!”プロテイン入門の超定番!

 

筋トレ愛好家に初めて買ったプロテインは何?と言うアンケートをしたら断トツでこのザバスのココア味という回答が得られるのではないでしょうか?

それほどに超定番のプロテインでドラッグストアなどでも必ずと言っていいほど置いています。

 

全体的にバランスのいいプロテインでこれと言った欠点は見当たりませんが、しいて言えばもう少し溶けが良ければと思います。(僕が買っていた当時の感想なので改善されている可能性もあります)

 

ザバス ホエイプロテインの評価
たんぱく質含有率
(3.0)
(3.0)
溶けやすさ
(3.0)
値段
(3.0)
おすすめ度
(3.0)
created by Rinker
SAVAS(ザバス)
¥3,659 (2018/08/14 00:34:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
SAVAS(ザバス)
¥3,778 (2018/08/14 00:57:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

ニチガ ホエイプロテイン 100

 

 たんぱく質含有率 約77.5%
価格(Amazon) 3kg 4900円

 

”3kgで4900円?!”驚異的なコストパフォーマンスが魅力の純粋なプロテイン

 

Amazonでプロテインを眺めていたら発見したのがこちらのプロテイン。3kgで4900円(1kgあたり1633円!)という驚異的な低価格が魅力です。

 

フレーバーや溶けやすくするような加工を一切していないので味や溶けやすさには難がありますが、たんぱく質含有率は高く、コストパフォーマンスは抜群です。

 

プロテインは効率的にたんぱく質を補給できればOKと割り切れる人にはおすすめです。

 

ニチガ ホエイプロテイン 100の評価
たんぱく質含有率
(4.0)
(2.0)
溶けやすさ
(1.5)
値段
(4.5)
おすすめ度
(3.0)

 

WPIプロテイン

たんぱく質含有率がWPCタイプより高く、純度の高いWPIプロテインはストイックな人向けです。乳糖がほとんど含まれていないので、WPCを飲むとお腹がゆるくなってしまう人にもおすすめです。

バルクスポーツ アイソプロ

 

たんぱく質含有率 約80~86%
価格(Amazon) 1kg 3701~4411円 2kg 6901~8401円

 

“ビッグホエイのWPIバージョン”!バルクスポーツはやはりおすすめ!

 

バルクスポーツビッグホエイのWPIバージョンがこちらのアイソプロです。 ビッグホエイより少し値段は高くなりますが、その分たんぱく質含有率は高くなっておりWPIタイプにしてはコストパフォーマンスも優秀です。

 

フレーバーは種類がビッグホエイと比べて少なくなっていますが、WPIの中ではかなり豊富な方です。全ての味を飲んだことは無いのですが、個人的にはイチゴミルクがおすすめです。バルクスポーツはイチゴ系の味が美味しいです。

 

バルクスポーツ アイソプロの評価
たんぱく質含有率
(4.0)
(3.5)
溶けやすさ
(3.5)
値段
(3.5)
おすすめ度
(4.0)
created by Rinker
バルクスポーツ
¥8,401 (2018/08/14 00:57:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

アルプロン WPIホエイプロテイン レモンヨーグルト味

 

たんぱく質含有率 約91%
価格(Amazon) 8,980円→Amazon定期便で8,531円!

 

味付きWPIプロテインが驚きの低価格で!

 

高品質・低価格で有名なアルプロンのWPIタイプのプロテインです。この商品、本当にすごいの一言です…たんぱく質含有率90%超えの味付きWPIプロテインで1kgあたり3000円を切るって他では無いです…

さらに、Amazon定期便を利用すると3kgで8,531円とさらにお得に購入できます。

 

味は爽やかなレモンヨーグルトそのもので、ちょっと酸味の強い乳酸菌飲料のような感じがします。
唯一の欠点がとにかく溶けづらいことと泡立ちがすごいことですが、最近になって少し改善されたという話も聞きます。
個人的には美味しいWPIプロテインがこの価格で利用できるならこの程度の欠点は目をつぶっても良いのでは?と思いますが…

 

アルプロン WPIホエイプロテイン レモンヨーグルト味の評価
たんぱく質含有率
(4.5)
(3.5)
溶けやすさ
(2.0)
値段
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

 

ビーレジェンド WPI 1kg

 

 

たんぱく質含有率 約84%
価格(Amazon) 1kg 4780円→Amazon定期便で4761円!

 

”CFM製法のWPI”プロテインを低価格で!

 

ビーレジェンドのWPIプロテインはCFM製法という方法で作られています。この製法で作られたホエイプロテインはBCAAが豊富で通常のWPIのカルシウムなどの有益な成分が取り除かれるという欠点もありません。

 

若干の溶けづらさや泡立ちが気になるというレビューが多いのが気になりますが、基本的にWPIはWPCに比べて溶けづらいです。

味については飲みやすいと言うレビューが多く、レモン風味が苦手で無ければ問題無いかと思います。

 

ビーレジェンド WPI 地中海レモン風味の評価
たんぱく質含有率
(3.5)
(3.0)
溶けやすさ
(2.5)
値段
(3.0)
おすすめ度
(3.0)
created by Rinker
be LEGEND
¥4,780 (2018/08/14 00:57:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ビーレジェンド(be LEGEND)
¥4,620 (2018/08/14 00:57:41時点 Amazon調べ-詳細)

ソイプロテイン

イソフラボンなどの有益な成分が含まれているソイプロテインは高タンパク、低カロリーでダイエットにもおすすめです。何より低価格なのがうれしいですね。

540ソイプロテイン改 1kg

 

たんぱく質含有率 約84.6%
価格(Amazon) 1kg 1,800円

 

筋トレ愛好家の間で超有名な540がAmazonで購入可能に!

 

筋トレをある程度している人なら誰もが知っているであろう超激安プロテインで知られる540プロジェクトの主力製品であるソイプロテイン改がAmazonで購入可能になりました。

 

本家サイトでは10kgで販売されているので少し買いづらいですが、Amazonでは1kgで気軽に購入できます。(本家サイトでは銀行振込のみで送料がかかるも難点)

 

1kgあたりの値段で言えば本家サイトに軍配が上がりますが、利便性を考えるとAmazonを利用するメリットは大きいのでは無いでしょうか?

ソイプロテインのプレーンタイプなので味や溶けやすさを考えてはいけません(笑)

 

540ソイプロテイン改の評価
たんぱく質含有率
(4.0)
(2.0)
溶けやすさ
(2.5)
値段
(4.5)
おすすめ度
(3.5)
created by Rinker
540プロジェクト
¥1,750 (2018/08/14 00:34:39時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonでサプリを買うならプライム会員がお得!

おすすめ!
Amazonでサプリメントを購入するならAmazonプライムを利用するとお得です。年会費3,900円で2000円以下の買い物にかかる送料が無料になるだけでなく、お急ぎ便も無料で使えるようになります。

その他にもたくさんの特典がありますし、1か月間の無料お試しもあります。無料体験申し込み

まとめ

今回は種類別におすすめできる国産プロテインを紹介しました。プロテインを選ぶ時になにを重視するかは人によって変わりますが、ここで紹介している商品であればどれを選んでも外れはありません。この記事が皆さんのプロテイン選びの参考になれば幸いです。

プロテインシェイカーの記事も書いているので併せてどうぞ

プロテインシェイカーの選び方と人気のシェイカーを紹介