おすすめの国産プロテインまとめ

プロテイン(タンパク質)の摂取タイミングは気にする必要がない?

ある程度、トレーニングをしていると栄養摂取に関して興味を持つ人が多いです。その中でもプロテイン(タンパク質)の摂取に関しては多くのトレーニーが気にするトピックで、1日あたりに何g摂ったら良いのか?プロテインを飲むタイミングはいつが良いのか?と言った話題はジムの中でもよく耳にします。

ある程度、トレーニングに関する知識のあるトレーニング愛好家はプロテインシェイカーをジムに持参し、トレーニングが終わるとプロテインを飲んでいると思います。

その理由は『ゴールデンタイム』と呼ばれるプロテインを効果的に利用できるとされるタイミングに合わせて飲むためです。

プロテイン摂取のタイミングはトレ愛好家の間でも盛り上がるトピックの1つで多くの意見があります。今回はそんなプロテインの摂取タイミングについて解説します。

プロテインのゴールデンタイムとは?

プロテインにはゴールデンタイムと呼ばれる効果的な摂取タイミングがあると言われています。

一般的には3つのタイミングが推奨されていて、その内訳は『朝、トレーニング前後、就寝前』となっています。

このようなタイミングが一般的にプロテインのゴールデンタイムと呼ばれています。

 

ゴールデンタイムには意味がない?

これまでトレーニング愛好家の間では常識となっていたゴールデンタイムでのプロテイン摂取(特にトレーニング後)ですが、最近ではゴールデンタイムにこだわる必要性はないのではないか?という意見があります。

その根拠となっているのがこの論文で著者のブログ記事が日本語訳で公開されているので紹介します。

参考 筋トレ後のプロテインは必要か?athletebody.jp

この記事はトレーニング後のタンパク質摂取に意味がないと言っている訳ではなく、摂取するタイミングよりも1日の必要量を摂取することが重要だよ!といった論調です。

トレーニング後30分~45分というタイミングが他のタイミングより優れていると言い切るほどの根拠は現時点ではないと言えそうです。

でも、トレーニング後に飲んじゃだめとは言ってないよね?…

ここまでトレーニング後にプロテインを摂取する必要性は薄れていると書いてきましたが、トレーニング後に摂取することで悪影響があるとは言っていませんので、トレーニング後にプロテインを摂取する習慣を変えたくなければそのまま続けて問題無いでしょう。

ただ、トレーニング中にプロテインシェイクを飲んでいる人がいますが、トレーニング中は筋肉への血流が増加する分、胃腸への血液供給量が低下し、消化器官の働きは弱くなりますので吸収の早いBCAAなどのアミノ酸を摂るのが良いでしょう。

まずは1日の摂取量!タイミングは個人の嗜好に合わせて!

ここまで1日に必要なタンパク質を摂取することがプロテイン摂取のタイミングよりもずっと重要だよ!と解説してきました。

1日の必要量を摂れているけどタイミングは適当な人と摂取タイミングにはこだわっているけど1日の必要量を摂取出来ていない人であれば、前者の方が効果的な栄養摂取が出来ているということです。

必要量をしっかり摂った上でタイミングにも気をつけるのであればそれがベストでしょう。以前よりタイミングにこだわる重要性は低くなったとは思いますが完全に否定された訳でもありません。

ただ、トレーニング後に味の濃いプロテインを飲むのはキツい…とか、ジムにプロテインシェイカーなどを持っていくのが面倒くさい…と思いながら無理をしてトレーニング後に飲んでいた人であれば、タイミングをずらしてもいいでしょう。

ボク自身は美味しいプロテインをトレーニング後に飲むのが好きなのでこれまで通りトレーニング後にプロテインを摂取しています。

まとめ

 

プロテインのゴールデンタイムまとめ
  • プロテインのゴールデンタイムは朝、トレーニング後、寝る前
  • 以前よりゴールデンタイムにこだわる必要性は薄れてきている
  • 重要なのは1日の必要量を摂取すること
  • タイミングは個人の嗜好に合わせて調整