おすすめの国産プロテインまとめ

そもそもプロテインって何?各種類の違いや選び方を解説

そもそもプロテインって何?

英語で『たんぱく質』と言う意味でスペルは”Protein”です。

一般的に言われているプロテインは牛乳を始めとした食品からたんぱく質を抽出したもので、パウダー状のものが多いです。

たんぱく質は筋肉の材料となり、トレーニングで筋肉を強く、大きくするためには沢山のたんぱく質が必要となり、食事から必要量を摂取するのは大変なので、多くのトレーニング愛好家はプロテインパウダーを利用しています。

あくまでも効率的に栄養を摂取できるサプリメントであって薬物のように短期間で筋肉を増強するような効果はありません。

 

絶対にプロテインは必要?

上で書いたようにプロテインはあくまでもタンパク質を効率的に摂取するためのサプリメントであって、それ以上でもそれ以下でもありません。

食事から必要な量のタンパク質が摂取できていればプロテインパウダーは必要ありません。

ただ、食事からトレーニングしている人が必要とする量のタンパク質を摂るのはなかなか難しいです。食事量がかなり多くなり余計な脂質や糖質を摂ることになりますし、タンパク質あたりのコストで考えるとプロテインの方が安く付きます。

そういったことからもトレーニングをするのであればプロテインは用意したほうが良いでしょう。

 

プロテインを飲むと太るってホント?

これはホントでありウソでもあります。プロテイン自体にもカロリーはあるので摂取すれば当然、カロリーを摂ることになるので太ると言えます。

しかし、1日数回しか飲まないプロテインよりも普段の食事の方が重要です。プロテインが他の食品と比べて特別に太りやすいというのは勘違いで、むしろ同じ量のタンパク質を食品から摂るほうが摂取カロリーは増えるので太りやすいと言えます。

 

どんな種類があるの?

最もポピュラーなホエイプロテインを初めに、大豆が原料のソイプロテイン、ゆっくりと吸収されるカゼインプロテインなど一口にプロテインと言っても種類によって特性がありますのでそれぞれ説明していきます。

卵が原料のエッグプロテインや牛肉から作られるビーフプロテインなどもありますが、現在はほとんど取り扱われていないのでここでは割愛させていただきます。

 

ホエイプロテイン

牛乳に含まれる『乳清』を原料としたプロテインで市場に出回っているプロテインの殆どがこの種類です。

筋肉の分解を防ぎ、筋肥大に大きく関わるBCAAを豊富に含み、吸収が早いのが特徴で筋肉を大きくすることが目的で筋トレを行っているのであればこの種類を選べば間違いありません。

ホエイプロテインはその製造過程によって更にいくつかの種類に分けられますのでそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

WPC(ホエイプロテイン・コンセントレート)

日本語では『濃縮乳清タンパク質』のことで、乳清を濾過して作られるプロテインです。

タンパク質含有率は大体70%~80%の商品が多く、ホエイプロテインの中で最もポピュラーな種類です。

製造コストが比較的低いので安く手に入るのが嬉しいところですが、製造の過程で乳糖が残ってしまうので乳糖不耐症の人が飲むとお腹の調子が悪くなる場合があります。

乳糖が残ってしまうのはデメリットでもありますが、ホエイペプチドやビタミン・ミネラルを始めとした有益な成分も残るというメリットもあります。

 

WPI(ホエイプロテイン・アイソレート)

『分離乳清タンパク質』のことで、WPCにもう一手間加えて糖質や脂質を除去して高純度のタンパク質を取り出したものです。

タンパク質含有率は余計な脂質や糖質が取り除かれている分高くなっており80%後半から95%の商品が多いです。

乳糖がほとんど取り除かれているので乳糖不耐症の人はWPIを選ぶと良いでしょう。

しかし、WPCのメリットでもある有益な成分も一緒に取り除かれてしまうというデメリットもあります。CFMという製造方法では有益な成分を残しつつ、タンパク質含有率を高めることができるのですが、コストがかかるため値段がかなり高くなってしまいます。

 

カゼインプロテイン

ホエイと同じく牛乳に含まれるタンパク質で牛乳のタンパク質は8割がカゼインと言われています。

カゼインの特筆すべきは吸収の遅さです。吸収が遅いと言うことは長時間、血中にアミノ酸を供給するということです。

ホエイプロテインが2時間程度で吸収されるのに対して、カゼインプロテインは7時間程度かけてゆっくりと吸収されます。

この特性を生かして、睡眠前に摂取する人が多いです。

ホエイに比べてドロっとしているので少し飲みづらいのが難点ですね…

 

ソイプロテイン

大豆(Soy)が原料のプロテインです。吸収速度は遅く、満腹感が得られやすいのでダイエット用のプロテインとして利用する方が多いです。

筋肥大の効果ではホエイに劣りますが、イソフラボンやサポニンなど有益な成分が含まれていることやホエイと比べて価格が安いというメリットもあります。イソフラボンは女性ホルモンのバランスを整えるとされ、ソイプロテインを好む女性も多いようです。

また価格がホエイに比べて安いのも嬉しいポイントです。

イソフラボンの過剰摂取については注意が必要ですが、ソイプロテインを常識的な量で使用する分にはあまり心配はいらないでしょう。

イソフラボンの摂取上限量

基本的に溶けづらく、味も良くないのでソイプロテインにこだわる理由がないのならホエイプロテインを選んだほうが良いでしょう。

 

結局どの種類を選べばいいの?

結論から言えばホエイプロテインを選ぶのがベストです。カゼインやソイにもメリットはありますがやはりホエイがベストです。

理由としては筋肥大の効果が高いことや、商品の数が多いので自分に合ったものが選びやすい、ソイやカゼインと比べて飲みやすいなどが考えられます。

ホエイの中でWPCとWPIのどちらかを選ぶかは意見が分かれるところですが、乳糖不耐症でなければ通常のWPCを選ぶのが良いでしょう。

WPIの方がタンパク質含有率は高いのですが、それ以上に値段が高いことが多く、タンパク質あたりのコストを考えるとWPCに軍配が上がります。

数グラムの糖質、脂質が含まれているのも嫌だ!というストイックな人であればWPIタイプを選ぶべきですが、プロテインに含まれている糖質や脂質は微々たる量ですので、プロテインの種類を気にするより普段の食事で調整するべきです。

タンパク質含有率にも注意

プロテインを摂取する目的は冒頭で書いたとおり『効率的にタンパク質を摂取する』ことです。

そのためプロテインを選ぶ時はタンパク質含有率をチェックしてください。パッケージについている栄養成分の表示に製品100g中に何gのタンパク質が含まれているか書いていると思います。

基準としてはWPCタイプなら70%以上、WPIタイプなら85%以上の製品を選ぶようにしてください。これ以下の製品は炭水化物や脂質の割合が高くなり、プロテインの目的であるタンパク質の摂取という点で効率が悪いです。

 

まとめ

プロテインの種類と選び方!
  • プロテインはタンパク質を効率的に摂取するためのサプリメント
  • あくまでもサプリメントで薬物のような筋肉増強作用はない。
  • ホエイプロテインはBCAA含有率が高く筋肥大効果が高い
  • カゼインプロテインの特徴は吸収の遅さ
  • ソイプロテインは女性やダイエット中の方におすすめ
  • 基本的にホエイプロテインを選べばOK
  • 乳糖不耐症ならWPIタイプ、そうでなければWPCタイプを選べばOK
  • タンパク質含有率はWPCなら70%以上、WPIなら85%以上の製品を選ぶ