おすすめの国産プロテインまとめ

【決定版】プロテインを選びで気を付けるべき3つのポイントを解説

今回はプロテインを選ぶときに気を付けるべきポイントについて解説します。タイトルで書いている通りですが…

プロテイン選びで気を付ける3つポイント
  • たんぱく質の含有率
  • 値段(たんぱく質あたりのコスト)
  • 味と溶けやすさ

の3点だけで十分です。なぜこの3つが大事なのか記事の中で説明します。

まずはプロテインを飲む目的を確認!

そもそも皆さんはどうしてプロテインを飲んでいるんでしょうか?筋肉を付けるためだったりダイエットのためであったり違いはありますが、目的は『効率よくたんぱく質を摂取する』ことのはずです。

だからプロテインを選ぶときの最優先事項は『たんぱく質がどれだけ含まれているか?』なのです。

色々なメーカーからクレアチンやビタミンなどプロテイン以外の成分を添加して付加価値をつけたプロテインが販売されていますが、高いだけでおすすめしません。

クレアチンやビタミンなどは別に単体で購入したほうがよっぽどお得です。

飲み続けるためにはコスト・味・溶けやすさが重要!

プロテインは継続して摂取することが重要です。そのために重要なのが

  • コスト(たんぱく質あたりの価格)
  • 溶けやすさ(泡が立たない)

が重要です。

プロテインのコスパ

プロテインを続けていく上でやはり価格は重要です。しかし、ただ安ければいいかというとそれも違います。

重要なのはたんぱく質あたりの価格です。例えばたんぱく質の含有率が50%で2000円のプロテインと80%で2500円の同じ量のプロテインがあったとします。

単純に価格だけを見れば2000円のプロテインのほうが安いのですが、プロテインを飲む目的は『たんぱく質の摂取』であることを考えると2500円でたんぱく質80%のプロテインのほうがお得ということです。

味の重要性

継続してプロテインを飲むためにコスト以上に重要なのが味です。たんぱく質含有率が高くて安いプロテインの多くが味付けされていないプレーンタイプです。

味付けがない分、たんぱく質含有率が高くプロテインの品質としては高いのですが口に合わなくて続けられなかったり、味付け用の粉末を買ったりで高くついてしまうことが多いです。

プレーン味が好きな人であれば品質&コストの面で間違いなくおすすめですが、苦手な人は無難なチョコレート味やストロベリー味のプロテインがおすすめです。

意外と重要な溶けやすさ

コストや味を気にする人は多いですが、溶けやすさも意外と重要です。

溶けの悪いプロテインって泡が立って飲みづらいだけでなく、シェイカーの底にこびりついて洗うのが大変です。

少量の水でシェイクしてから水を足して再度シェイクするなど工夫することである程度の溶けづらさは解消できますが、はっきり言って面倒です。

僕のようなめんどくさがりな人は簡単に溶けるプロテインを買うことをおすすめします。

おすすめプロテインを紹介!

ここまで説明したポイントを押さえたプロテインを紹介します。ここで紹介しているプロテインであればどれを選んでも失敗はないかと思います。

ちなみにここでは最も一般的に利用されているホエイプロテインに限定して紹介します。

エクスプロージョンプロテイン

僕自身が現在メインで利用しているプロテインです。価格はフレーバー付きで3㎏で5670円と1㎏あたり2000円を切っています。(記事更新日の公式オンラインショップの価格)

フレーバーありでこの価格のホエイプロテインとなるとマイプロテインくらいしか思いつきません。ちなみにプレーンタイプは3㎏で4857円とさらに安いです。

経営者自身がパワーリフティング競技を行っているようで品質と価格へのこだわりが感じられます。

フレーバーの種類も多くポピュラーなものから杏仁豆腐や甘酒など珍しいフレーバーもあります。(僕は杏仁豆腐味を飲んだことがありますが本当に杏仁豆腐でした)

個人的には最もおすすめのホエイプロテインです。

created by Rinker
X-PLOSION(エクスプロージョン)
¥5,980 (2019/6/8 22:41:58時点 Amazon調べ-詳細)

オプティマムゴールドスタンダード

国産ブランドのおすすめがエクスプロージョンなら海外ブランドではオプティマムゴールドスタンダードがおすすめです。

若干、コストはあがりますが品質・味・溶けやすさは間違いないです。

ゴールドスタンダードに関しては別記事でおすすめの理由を解説しているので併せて読んでください。

オプティマムゴールドスタンダードホエイは全ての人におすすめのプロテインです!