関虎徹はコスパ抜群の万能包丁!V金10号の切れ味をお手軽に

今回はトレーニングと関係ないブログを書きます。一応、雑記ブログという位置づけで運営していこうと考えているので、発信したいことがあれば自由に書いていきます。

記念すべき第1回?は、私が使っている包丁を紹介します。

安田刃物 関虎徹 180㎜

今回、紹介するのは安田刃物の『関虎徹』という万能包丁です。

料理や包丁に特別にこだわりがない人であれば、ホームセンターなどで2000円~3000円程度の包丁を使っているかと思います。

それに比べて、関虎徹はAmazonで5800円なので、少し高いと思われるかもしれません。

しかし『コストパフォーマンス』はメチャクチャ高いと断言できます。

これまで安い包丁を使い捨てしていた人は、いい包丁を1本購入して大事に使っていくことをおすすめします。

関虎徹をおすすめする理由

一般的な包丁であれば5千円前後を目安に選べば、失敗することはまずありません。

理由はこの価格帯から包丁に使われている鋼材がワンランクアップするからです。

包丁の切れ味やメンテナンス性の大部分は使用されている鋼材の種類で決まります。

関虎徹の刃には『V金10号』というステンレスの中でも最高クラスの硬度を誇る鋼材が使用されています。

基本的に刃物は硬ければ硬いほど切れ味が鋭くなり、その持ちも良いです。

加えて、ステンレス包丁の『錆びにくい』というメリットも持ち合わせているので家庭用包丁としては最高の鋼材と言えます。

とりあえずV金10号が使われている包丁は高性能であると理解してもらえればOKです。

今回紹介した関虎徹はV金10号を使用している包丁では最安クラスの価格です。(V金10号は数万円する包丁にも使われている鋼材です)

その他にも万能包丁(三徳包丁)としては切っ先が鋭く、細かい作業も行えるという特徴もあります。(その分、注意して取り扱ってください)

関虎徹の欠点と改善策

ここまで関虎徹(というかV金10号?)の良さを解説しましたが、欠点もあります。

それは、少し砥ぐのが大変ということです。V金10号という硬い鋼材を使用しているためです。硬い鋼材は切れ味が良い反面、砥ぐのが大変です。

そこでおすすめしたいのが『シャプトン 刃の黒幕』というセラミックの砥石です。

普通の砥石に比べて少し高いですが、研削力が高く、硬い包丁でもしっかりと刃がつきます。とりあえずは1000番を1つ用意しておけば問題はないでしょう。(私も1000番だけで研いでいますが十分に刃がつきます)

石の減りも普通の砥石と比べて圧倒的に少ないので長い目で見ればお得です。

まとめ

今回はいつもと趣向を変えたブログにしてみました。包丁は毎日使うものなので、安物を使い捨てするより、手入れをしながら長く使うほうが愛着もわきます

よほどのマニアでなければ数万円もするような高級品を買う必要はありませんが、いつも使っている包丁に数千円だけプラスするだけでその切れ味の違いに驚くでしょう。

今回、紹介した関虎徹は今使っている包丁からワンランクアップするのにおすすめですので是非。

次回は、アイキャッチ画像にも映っている『藤次郎』のペティナイフを紹介します。