おすすめの国産プロテインまとめ

トレーニング効率を高めるトレーニングギアの種類・使用の注意点を紹介

今回は『トレーニングギア』について解説します。トレーニングギアは適切に使用すれば怪我を防止し、トレーニングの効率を高めますが、使い方を間違えると逆効果になってしまうので注意が必要です。

トレーニングギアの種類

トレーニングギアを身に着けることによって扱える重さがUPしたり、関節を保護する効果が期待できます。

主なトレーニングギアとしては

  • トレーニングベルト
  • リストラップ
  • ニーラップ・ニースリーブ
  • ストラップ・パワーグリップ
  • エルボースリーブ

などがあります。この記事ではこれらのトレーニングギアを1つずつどのような目的で、どのように使用するか?または使わないほうがいいのか?をわかりやすく解説するので参考にしてください。

トレーニングベルト

本格的にフリーウエイトトレーニングを行っている人の多くが何かしらのベルトを使っているかと思います。

ベルトの効果は一般的に腹圧を高めることで脊柱を保護し、怪我を防止することと、扱える重量が増えることです。

怪我防止の効果については実際のところわかっていない部分が多く、意見が分かれますが、正しく使えていれば扱える重量が増える効果は多くの人が実感できるはずです。

扱える重量が上がればトレーニングの負荷も上がるのでトレーニング効果も高まります。

ただ、運動選手がパフォーマンスアップの目的でトレーニングを行っている場合は注意が必要です。

この辺りのトピックについては、以下のブログで詳しく解説されているのであわせて読んでください。

参考 ウエイトトレーニング中にベルトを使うべきか?サイト名 参考 リフティングベルトを科学するATHLETEBODY

created by Rinker
ゴールドジム(GOLD'S GYM)
¥5,214 (2019/3/24 22:08:20時点 Amazon調べ-詳細)

リストラップ

高重量のトレーニング時に手首を保護するのがリストラップです。

一般的にベンチプレスやカール系の種目などの上半身のトレーニングで使用する方が多いですが、スクワットを行うときに手首を痛める人もいるのでそういった場合もおすすめです。

基本的に長いほうがサポート力が強く、価格も高くなる傾向があります。

ニーラップ・ニースリーブ

スクワットなどのトレーニングを行うときに膝をサポートする目的で装着します。

ニーラップはリストラップと同じように帯状になっており、膝関節に巻くことで使用しますが、ニースリーブはそのまま装着することができます。

ニーラップの方がサポート力が強く、スクワットのボトムでの切り替えしの時に強い反発力が得られるので挙上重量が大きく上がりパワーリフティングの大会では『ギア』扱いになっているのでノーギアの大会では使用できません。

ニースリーブは装着しやすい分、ニーラップほどの反発力はなく挙上重量への影響も小さいのでノーギアのパワーリフティング大会でも使用できます。(大会によっては公認品でなければいけない)

パワーリフティングとは?
BIG3と呼ばれる『スクワット』『ベンチプレス』『デッドリフト』の3種目の合計重量を争う競技です。

パワーリフティングには「ノーギア」と「フルギア」2種類のルールがありフルギアでは挙上重量を向上させるベンチプレス用のシャツやニーラップなどの使用ができます。

ストラップ・パワーグリップ

デッドリフトやローイングなどを行うときに握力をサポートします。バーベルを保持する力が弱いと目的としている筋群に刺激を入れることに集中できなかったり効率が落ちます。

握力を鍛えるために素手で行うという考え方ももちろんありますが、そこはトレーニングの目的に応じて上手に使い分けるといいでしょう。

ちなみにパワーリフティングの大会でストラップの使用はノーギア・フルギアともに禁止されています。

created by Rinker
ゴールドジム(GOLD'S GYM)
¥1,390 (2019/3/24 22:09:33時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
king2ring
¥2,980 (2019/3/24 22:09:56時点 Amazon調べ-詳細)

エルボースリーブ

ベンチプレスを初めとしたプレス系の種目で肘関節を保護するために使用します。ノーギアのパワーリフティングやベンチプレスの大会では使用できませんが、高重量で練習を行うときは使用することをおすすめします。

ここで紹介したもの以外にもベンチプレスシャツなどありますが、フルギアベンチプレスの選手でもなければ使うことはないと思うので割愛します。

トレーニングギア使用の注意点

上手く使えばトレーニングの効率を高めてくれるトレーニングギアですが、使用に関していくつか注意点があるので解説します。

正しいフォームが前提

いくつかのトレーニングギアは使用することでトレーニングで扱える重量が増えます。

これはある意味、本来の力以上の重さを扱えることになり危険なことでもあります。

トレーニングギアを使用しての高重量のトレーニング(特にBIG3)は正しいフォームでその種目を行えるようになってから行うことをおすすめします。

また、基本的にギアの使用はある程度の重量を扱うメインセットやMAX計測などの際に使用するのが良いでしょう。

怪我防止の効果を過信しない

多くのトレーニングギアは一般的に挙上重量の向上とともに、関節を保護して怪我を防止する効果を期待して使用されているかと思います。

しかし、ここで紹介したトレーニングギアの怪我を防止する効果は実際のところ分かっていないことのほうが多く、科学的に証明されているわけではありません。

先ほど解説した通り、扱える重量が上がることで故障するリスクが高まる可能性もあります。

ギアを過信せずに正しいフォームでトレーニングを行うことが怪我を防止につながることを忘れないでください。

まとめ

今回はトレーニングの効率を高めてくれるトレーニングギアについて紹介しました。正しく使えば効果的なトレーニングギアですが、やみくもに使うのではなく、トレーニングの目的をよく考えて使用しましょう。