おすすめの国産プロテインまとめ

ウエイトトレーニングにおすすめのシューズを紹介します!

ウエイトトレーニングは運動ができる格好であれば誰でも手軽に行える運動ですが、トレーニング道具に少しだけお金を出せるのであればトレーニング用のシューズを用意することをおすすめします。

トレーニングに適したシューズを利用することによってフォームの習得も早くなるし、故障のリスクも低減することができるからです。

今回はどのようなシューズがトレーニングに適しているのかを解説します。

理由なんてどうでも良いからどの靴を買ったら良いのか教えてよ!という方にはこちらの記事がおすすめです。

筋トレにおすすめのシューズを目的&レベル別に紹介します

 

トレーニングに適したシューズの条件

①クッションが”効いていない”こと 優先度:

運動をする時の靴はクッション性があることが重要視されます。走る跳ぶと言った動作で地面に足を強くインパクトする衝撃を和らげるためですが、ウエイトトレーニングのほとんどの種目でインパクトすることはありませんのでクッション性の高さは必要ありません。

それどころか、高重量のスクワットやデッドリフトを行う時にランニングシューズのようなクッション性の高い靴を使用すると足首がグネグネして安定した動作でトレーニングできません。

フカフカの布団の上でスクワットを行ったら危ないのは想像できますよね?ランニングシューズやバスケットボールシューズのようなクッション性の高い靴はウエイトトレーニングに向きません。

②踵が少し高くなっている 優先度:

スクワットを行う時に足首の柔軟性が不足していて深くしゃがみづらい場合、踵が高くなっているシューズを履くことでしゃがみやすくなります。

POINT

特に身長が高く、脚が長い人(特に太腿)は足首の屈曲角度がきつくなりやすいので、そういった場合は踵の高さがあると楽にスクワットができると思います。

ただ、足首の柔軟性を高めることや、スクワットのフォームで対応することも可能なので踵の高さに関しては絶対に必要というわけではありません。

おすすめのトレーニングシューズ

ここまで説明した条件を元におすすめの靴を紹介していきます。

ウエイトリフティングシューズ

重量挙げ競技で使用するシューズです。靴底は硬い素材で変形しづらく踵が高くなっているのでトレーニングシューズとしては最適といえます。

欠点は一般的なスポーツ用品店で取り扱っていないことです。もちろん通販があるので手に入れることはできるのですが、運動で使用する靴は試着して自分にあったサイズを選ぶことが重要なので、この点はネックです。

あと、少し価格が高いです…でも、トレーニングの時以外、履くことも無いので、数年は使えることを考えると安い買い物だと思います。トレーニングでお金をかけるのは靴くらいのものなので、長くトレーニングを続けていくならこの位の投資をしてもいいでしょう。

 

ウエイトトレーニング用シューズ

最近のフィットネスブームもあってか、トレーニング用のシューズを各メーカーが販売しています。ウエイトリフティングシューズより少しクッションがありますが、ランニングシューズよりも硬くソールがフラットなのでグリップ力も高く高重量のウエイトトレーニングにも対応できます。

ウエイトリフティングシューズと違って踵は高くなっていませんが、そこまで重要な要素ではありませんし、量販店でも手に入りやすいことから一般的にトレーニングを行う場合には1番おすすめの選択肢です。

個人的にアンダーアーマーのトレーニングシューズがかっこよくておすすめ。

 

コンバースなどのキャンバスシューズ

意外かもしれませんが、コンバースのオールスターのようなキャンバスシューズはソールが薄くて接地感が良いのでトレーニング時の重心位置をコントロールし易いのでおすすめです。そういったシューズが眠っていたらジムで再利用するのも良いかもしれません。

たびシューズ?

画像引用:http://www.ueda-ya.jp/item/nisshin912/

正確な名前はわからないのですが、ホームセンターなどに行くと写真のような靴が売っています。素足感覚でグリップもよく重心位置のコントロールがしやすいのでオススメです!しかも、1000円前後という価格!

見た目はちょっとあれかもしれませんが、1つの選択肢として覚えておいて損は無いでしょう。

フットサルシューズ

上で紹介したような靴でジムに行くのはちょっと…という場合は、フットサルシューズが良いかもしれません。

クッション性が少ないのでトレーニング向けですし、見た目もおしゃれで一般的なスポーツ用品店で買えます。

型落ちモデルならかなり安く手に入るのでおすすめです!(型落ちモデルと言っても家電製品のように性能が大きく変わる訳でも無いですし…)

 

まとめ

筋トレにランニングシューズは適していないという知識は多くの人に知ってほしいと思います。

趣味のトレーニングでそこまで気にする必要ある?と思われるかもしれませんが、ランニングシューズでトレーニングをすれば重心位置のコントロールがうまくできず、間違ったフォームが定着することだって考えられます。そうなるとトレーニング効果が下がるだけではなく、長期的に見ればケガのリスクが高まる可能性だってあります。

競技用のウエイトリフティングシューズまで用意する必要は無いかもしれませんが、この記事で紹介したウエイトトレーニングに適した靴を一足用意するくらいの投資はしたほうが良いでしょう。