おすすめの国産プロテインまとめ

プロテインシェイカーの選び方と人気のシェイカーを紹介

プロテインを使っている人の多くが使っているであろうプロテインシェイカー。シェイカーなんてなんでも一緒でしょ?と適当に選んでいませんか?

たかが、シェイカー、されどシェイカー…

ちょっと良いシェイカーを使うだけで、プロテインの溶けも良くなりますし、カッコいいシェイカーを使っているだけでトレーニングのモチベーションも上がるものです。

今回はシェイカーの選び方から僕が使ってきた中でおすすめできるシェイカーを厳選して紹介します。

プロテインシェイカーの選び方

プロテインシェイカーを買う前に知っておきたい知識などを紹介します。

シェイカーのタイプ

飲み口が広いタイプ

写真の用にコップにネジ式のフタが付いたようなシンプルなタイプのシェイカーです。

このタイプのメリットは

  • 値段が安い
  • シェイクした時に中身がこぼれづらい
  • 頑丈
  • 洗いやすい

などがあります。

飲み口が狭いタイプ

このタイプのメリットは

  • 飲みやすい
  • 開閉が簡単
  • デザインがオシャレなものが多い
  • 大容量のものが多く、プロテインだけでなくワークアウト中のドリンクなどもOK

などがあります。ただ、洗いづらかったり、気づかないうちにフタが開いてしまうときがあるのはデメリットです。

 

それぞれにメリット・デメリットがありますので自分にあったタイプのシェイカーを選びましょう。

例えば、家でプロテインを飲むときしか使わないよ!という人であれば洗やすい飲みくちが広いシンプルなタイプの方がいいでしょう。

ジムでBCAAなどを溶かして飲むという人は容量が大きく開け閉めが簡単な飲みくちの狭いタイプが良いでしょう。トレーニングしながらネジ式のフタを何度も開け閉めするのは大変なので。

おすすめは2個持ち!

個人的におすすめしたいのが両方のタイプを1個ずつ用意する方法です。自宅でプロテインをシェイクする時用と、ジムでドリンクを飲む用で分けると非常に便利です!

洗い物が増えそうと思われるかもしれませんが、結局プロテインやドリンクを飲むたびに洗うので、洗う回数自体は変わりませんし、2個あっても場所を取るものでもありません。

ちょっとだけシェイカーにお金を出せるなら2個買いが断然おすすめ!

網やボールは使わない

シェイカーの種類によっては画像のようにフタの部分に網状のフタが付いていたり、金属製のボールが入っていたりします。いずれもプロテインなどがダマになるのを防ぐためのものですが、洗いづらいので使わない方がいいです。

そもそも最近のプロテインは溶けが良いですし、必要ありません。

おすすめのプロテインシェイカー!

僕がこれまでいろいろ試してきて結局この2つを使っているという商品を紹介します。

SAVAS ザバス プロテインシェイカー 500ml

飲みくちが広いタイプのシェイカーは機能面での差は少ないので好きなメーカーのものを選べばOKですが、個人的にはSAVASをおすすめしたいです。

写真を見れば真ん中が少しくびれているのがわかります。このくびれがすごく手にフィットして心地よいです。笑

ハレオ サイクロンシェイカー

現在、ジムで使っているメインのシェイカーです。少しお高いですが、これは本当におすすめです。

サイクロンという名前の通り、底面とフタ裏に付いたフィンによって水が渦を巻き、プロテインやBCAAをしっかりと溶かすことができます。

少しだけ洗いづらいのが難点ですが、ボールや網に比べたらなんてことないです。

750mlと大容量なのでワークアウト中のドリンクにも最適で、デザインもカッコいいです。カラーバリエーションも豊富なので選ぶ楽しさもあります。

ちなみに本体の段差は下から250ml、500mlと目盛りになっています。