おすすめの国産プロテインまとめ

ゼロから始める筋トレ 準備編② トレーニングに必要なアイテムを紹介!

今回はトレーニングを始める前に準備しなければいけないもの&準備するとよりトレーニングを効率的に行えるアイテムを紹介します。

トレーニングウェアー(必須)

一般的なスポーツウェアで問題ありませんが、ウエイトトレーニングを行うのであればいくつかウェアでも抑えておきたいポイントがあるので箇条書きにまとめます。

  • シャツは白より黒や紺などの濃色がおすすめ(スクワットなどでバーベルを担ぐと汚れる場合があるので)
  • ハーフパンツは膝より上の丈を選ぶ(長いとスクワットなどの種目の時に膝に引っかかるので)

以上の2点だけに気を付ければ服装については個人の好みで選んでOKです。自分が好きなデザインやブランドで選ぶとモチベーションが上がると思います。

僕自身はアンダーアーマーやバスケットボール関連のブランドでトレーニングすることが多いです。(現在でもバスケットボールをプレイしているので)

created by Rinker
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
¥2,720 (2018/08/14 12:36:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
¥16,228 (2018/08/14 09:36:09時点 Amazon調べ-詳細)

トレーニングシューズ(必須)

トレーニングウェアは動きやすい格好であれば自分の好きなものを選べばOKですが、トレーニングシューズは選び方に気を付けないと怪我のリスクが高まったりトレーニング効率低下の可能性があるのでしっかりとしたものを選ぶ必要があります。

ウエイトトレーニングはそこまでお金をかけずに始めることができますが、シューズだけはしっかりと投資するべきです。(1度用意すればしばらく使えるのでそこまでお金がかかるわけではありません)

トレーニングシューズに関しては過去記事で詳しく書いているのでそちらを参考にしてください。

ウエイトトレーニングにおすすめのシューズを紹介します!
筋トレにおすすめのシューズを目的&レベル別に紹介します
created by Rinker
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
¥8,316 (2018/08/14 12:36:42時点 Amazon調べ-詳細)

タオル(必須)

ハードなトレーニングはかなり汗をかくのでタオルは必須です。風邪などを引かないためにもしっかりと汗の処理はしましょう。(トレーニング後は疲労によって免疫力が落ちて風邪をひきやすいです)

タオルはスポーツ用の大き目サイズを選べばOKです。

スポーツブランドよりAmazonなどで手に入る冷却タオルがコストパフォーマンスに優れているのでおすすめです。

ドリンクボトル(あれば便利)

コンビニや販売機でペットボトルのスポーツ飲料を買ってもいいのですが、ドリンクボトルを用意して自分で飲み物を用意したほうがコスパが良いですし、BCAAなどトレーニング用のサプリメントを利用することもできるのでおすすめです。

ドリンクボトルは好みで選べばOKですが、個人的におすすめしたいのがnalgene(ナルゲン)のボトルです。もともとは化学研究用に作られたらしいですが、その実用性から現在ではアウトドアを中心に人気があります。

飲み口が広いので粉末のドリンクやサプリメントが入れやすいですし、非常に頑丈で軽くてデザイン性も◎と本当に素晴らしい商品です。

created by Rinker
NALGENE(ナルゲン)
¥1,500 (2018/08/14 09:36:09時点 Amazon調べ-詳細)

ホエイプロテイン(できれば用意したい)

トレーニング初心者にプロテイン?いらないでしょ!なんて思われる人がいるかもしれませんが、初心者でも上級者でも筋肉の材料となるタンパク質の重要性は変わりません。

トレーニングの効果を最大限に発揮するためにもプロテインを利用するべきです。それに最初に用意してしまえばトレーニングを続けなきゃ!という気持ちになると思います(笑)

個人的に初心者におすすめしたいのがバルクスポーツのホエイプロテインです。手頃な価格で品質もよく、トレーニング愛好家の間でも定番のプロテインでとりあえずこれを選べば間違いありません。

プロテインとバルクスポーツに関しては詳しく記事にしています。

【決定版】本当におすすめの国産プロテインを種類別に紹介!
高品質・低価格の国産サプリメントはバルクスポーツがおすすめ!

プロテインを混ぜるシェイカーはこちらがおすすめ

プロテインシェイカーの選び方と人気のシェイカーを紹介

トレーニング用のバッグ

トレーニングウェアやシューズを持ち運ぶのに必要です。これに関しては使っていないバッグがあればそれを使ってもOKですし、好きなものでいいでしょう。

 

今回はトレーニングを始めるにあたって用意しておきたいアイテムを紹介しました。これもあったほうが便利だな~というものを見つけたら随時更新していきます。