おすすめの国産プロテインまとめ

トレーニングベルトは必要?ベルトの選び方から使い方を解説

デッドリフトやスクワットを行う際にトレーニングベルトを使っている人は多いと思います。

今回はそんなトレーニングベルトについて知っておきたい知識を紹介します。正しくトレーニングベルトを使用してトレーニング効果を最大限に引き出しましょう!

トレーニングベルトとは?

トレーニングベルトは腹部に巻いて強く締めることで腹圧を高め、体幹部を保護することで怪我を防止したり、トレーニングの強度を高めることを目的として使用されます。

トレーニングベルトの種類

トレーニングベルトは素材や形状、固定の方法などいくつかの種類があります。トレーニングレベルや目的に合わせたベルトを選ぶようにしましょう。

素材

トレーニングベルトは一般的に革製とナイロン製の2種類があります。通常革製のほうが高価ですが長く使えますし、ホールド感も強いので長く使っていきたいなら革製のものをおすすめします。

ナイロン製は安価ですぐに使える(革製はものによってなじむまで時間がかかります)ので扱える重量が低い初心者やとりあえず試してみたいという人にはおすすめです。

形状

太さが変わらないストレートタイプとお腹の部分が細くなっているタイプがあります。

ストレートタイプはパワーリフティング競技で使用されることが多く、厚みがあってホールド力が強いのが特徴です。(違いを感じないという意見もありますが)

ストレートタイプはなじむまで時間がかかり、肋骨にあたって痛みを感じる人もいるのでボディメイクが目的の場合はお腹の部分が細くなっているタイプがおすすめです。

固定方法

ベルトの固定方法は『マジックテープ』『ピン』『レバーアクション』があります。(フックバックルというタイプもありますがあまり多くないので割愛)

ナイロンの安価なベルトではマジックテープ式が多く、ピンタイプは普通のベルトと同じように穴にピンを通すことで固定するタイプです。

レバーアクションは事前にバックル位置をウエストに合わせて固定しておいてレバーを倒すことでテコの力を使いながら固定します。

扱う重量が少ない初心者のうちは安価なマジックテープ式のナイロンベルトでも問題ありませんが、トレーニングを長く続けるつもりならいずれ革製のピンタイプかレバーアクションのベルトを買うことになる(多分欲しくなる)と思うので最初から良いものを買ったほうが経済的です。

ベルトを使うべき人と使わないほうがいい人

トレーニングベルトはいつでも誰でも使用すればいいというものではありません。トレーニングの目的によってはベルトを使用しないほうがいいケースもあるので解説します。

トレーニングベルトを使ったほうがいい人

パワーリフティングの選手やボディビルダーは基本的にベルトを使うべきだと考えます。

パワーリフティングではノーギアでもフルギアでもベルトの使用が認められています。ベルトを使うことで記録がアップするのなら使わない手はありません。

筋肥大を求めるボディビルダーも扱える重量が増えることで、より高い負荷でトレーニングでき筋肥大の効率も上がるので使うことをおすすめします。

ボディビル選手でなくても筋肥大目的でトレーニングしているのであればベルトを使ったほうがいいでしょう。

注意
パワーリフティングの大会で使用できるベルトには厚みや幅など規定があります。大きな大会では既定のサイズでも公認製品でなければ使用できないので注意が必要です。

ベルトの使用を控えたほうがいい人

心臓に疾患があったり、血圧が高い人はベルトの使用を控えたほうがいいでしょう。思い切り息を止めて挙げる必要がある高重量のトレーニングも控えたほうが良いでしょう。

アスリートはベルトの使用に注意が必要

競技力向上のためにウエイトトレーニングを行っているアスリートは注意してベルトを使用するべきです。

使うにしてもメインセットに限定するなどしたほうがいいかもしれません。この辺りは詳しく解説されているブログ記事を紹介するので読んでみてください。

参考 記事のタイトルサイト名

ベルトの使い方を解説

トレーニングベルトの着用方法やおすすめの使用タイミングなどを解説します。

トレーニングベルトの着用方法

トレーニングベルトを巻く位置(高さ)はベルトがへその真ん中に来るようにします。お腹をへこませてできるだけきつく巻くことで腹圧を強くかけることができます。

ベルトの着用タイミング

トレーニングベルトはMAX測定や高重量を扱うメインセットで使うのがおすすめです。特にBIG3のような体幹部の剛性を高める必要がある多関節種目で効果を発揮します。

僕自身は単関節種目のような補助種目では使用しないことがほとんどですが、トップクラスのボディビルダーでは使用している人もいるので自分に合ったやり方でいいでしょう。

おすすめのトレーニングベルト

ここからは初心者から上級者までおすすめのトレーニングベルトを紹介します。ここで紹介されている製品を選べば失敗することはないでしょう。

SBD ベルト

パワーリフティング選手御用達のブランドであるSBDのトレーニングベルトです。

ここのブランドの製品はどれも高価ですが、その品質は確かです。多くのトップレベルのパワーリフティング選手が愛用していることからも信頼度の高さが伺えます。

もし、将来的にパワーリフティングの大会に出場してみたいと考えているなら高いお金を払ってでもいいベルトを使うのがいいでしょう。(安いベルトを買ってもトレーニングレベルが上がればいいベルトが欲しくなるので)

ただ、SBDのベルトはものすごく人気があるので公式サイトでは常に品切れの状態が続き入荷してもすぐに売り切れてしまいうので手に入れるのが少し大変かもしれません。(メルカリなどで高額で転売されているのをよく見かけます)

ゴールドジム レザーベルト

いきなりSBDなどの高価なベルトを買うのはちょっと…という人におすすめしたいのがゴールドジムのレザーベルトです。

5000円前後で購入でき、一般的なスポーツ量販店や通販などでも手に入りやすいです。

革製ベルトの中でも比較的馴染みやすく、腰部分にパッドが入っているので着け心地もいいです。

上級者でもこのベルトを愛用している人は多くどのレベルのトレーニング愛好家にもおすすめです。

created by Rinker
ゴールドジム(GOLD'S GYM)
¥4,950 (2019/5/2 19:50:41時点 Amazon調べ-詳細)