おすすめの国産プロテインまとめ

ダイエットには筋トレがおすすめ!おすすめのトレーニング方法を紹介!

ダイエットには運動が大事なことは多くの人が理解していると思いますがどの様に行えば良いのかわからない…と言う人は多いのでは無いでしょうか?

インターネットでは様々な運動方法が紹介されていますが、数が多すぎてどれを行っていいかわかりづらく、色々と手を出しては続かない…

そんな人達に向けておすすめしたいのがウエイトトレーニング+食事制限のシンプルなダイエットです。

今回はダイエットにウエイトトレーニングをおすすめする理由とどのようにトレーニングを行えば良いのかを解説します。

1.カッコいい身体になれる

食事制限や有酸素運動でも消費カロリー>摂取カロリーであれば、体重は落ちます。しかし、かなり筋肉も減ってしまい引き締まった身体にはなれません。

アンダーカロリーの状態が続けば筋肉が減少するのは仕方ないのですが、適切にウエイトトレーニングを行えば筋肉の減少を最小限に押さえることができます。

しっかりと食事を摂りながらトレーニングで筋肉を増やしてから、食事制限を行いながらトレーニングを続けることで出来る限り筋肉を減らさずに体脂肪を落として行くことで引き締まった『いいカラダ』になることができます。

 

2.強い身体になれる!

ウエイトトレーニングを行うことで得られる大きなメリットとして『強い身体』を作ることがあげられます。

トレーニングを続ける3つのメリットを紹介!

ここで言う『強い』とは重いものを持ち上げられる単純な筋力だけではなく、ケガに対して強い身体ということです。

ウエイトトレーニングの傷害予防効果は多くの研究によって支持されています。アスリートだけではなく一般の方に取っても腰や肩の痛みに悩まされることがなくなればそれだけで生活の質が上がるでしょう。

 

ダイエットに向いているトレーニングって?

実際にウエイトトレーニングを中心としたダイエットを行う場合、どのように行えばいいのかわからないと言う人に向けておすすめのトレーニング方法を解説します。

と言ってもダイエット(減量)だから〇〇のトレーニング種目がおすすめ!と言うものはなく、基本は筋肉を増やすためのトレーニングと一緒です。

多関節運動を中心に行う

ウエイトトレーニングの分類に多関節運動と単関節運動があります。単関節運動はピンポイントで狙った筋肉を刺激できるのがメリットですが、運動量が小さく消費カロリーも少ないことから多関節運動をメインにトレーニングすることをおすすめします

多関節運動は複数の筋肉が使われ、高重量を扱ったトレーニングを行えるので消費カロリーは単関節運動と比べて大きく、筋力向上の効果も大きいです。

このトピックに関しては過去記事で詳しく解説しています。

多関節運動と単関節運動の違いを理解しよう!

大きな筋肉を鍛える

カッコいい身体と言うと大胸筋や腕を鍛えたくなるかもしれませんが、運動量を考えると大きな筋肉を鍛えるのが効率が良いです。

スクワットやデッドリフトのような大きな筋肉を使う種目を中心にトレーニングメニューを組むのがおすすめです。

この点については上で解説したように多関節種目を中心にしていけば自然とそういったメニューになります。

 

おすすめはBIG3ルーティン

上で解説したようなトレーニングメニューを初心者が一から考えるのは少し大変かもしれません。そこでおすすめしたいのがBIG3ルーティンと言われるプログラムです。

BIG3とは『スクワット・デッドリフト・ベンチプレス』の3種目のことで、上で解説した多関節運動であり、この3種目で全身の多くの筋肉を鍛えることができます。シンプルでわかりやすいので初心者にもおすすめです。

BIG3 ルーティンについては過去記事で詳しく解説しているので併せて読んでみてください。適切な食事管理とBIG3 ルーティンで効率良くいいカラダを目指しましょう。

BIG3で始めるトレーニングを初心者にもわかりやすく解説!

 

まとめ

今回は、ダイエットにウエイトトレーニングをおすすめする理由とどのようなトレーニングを行えば良いのかを解説しました。

インターネットには多くのダイエットに関する情報があり、中には楽をして痩せると言った謳い文句もありますが、しっかりと食事管理と運動が最も効率の良い方法です。

今後は食事管理に関する記事も書くので是非、読んでいただければと思います。