おすすめの国産プロテインまとめ

体組成計の数字を過信しすぎてはいけない理由

最近では多くの人が体重だけでなく、体脂肪率や筋肉量を測ることができる体組成計を利用していると思います。

非常に便利なものではありますが、体組成計の数字に過剰に反応しすぎている人が多いのも事実です。

実は、この体組成計の数字…あまり当てにしない方がいいかもしれません。その理由について解説します。

まずは体組成計の仕組みを理解しよう

一般的な家庭用体組成計のほとんどは『生体電気インピーダンス法』という方法で体脂肪や筋肉の量を推定しています。

簡単に説明すると身体に微弱な電気を流し、電気の流れやすさから体組成を推測しています。

体脂肪は電気をほとんど流しませんが、筋肉は比較的電気を流しやすいのでその差を利用しています。電気が流れやすかったら除脂肪(筋肉)が多く、流れづらかったら体脂肪が多いと判定するのです。

実際には電気の流し方や、各メーカー独自の技術など違いはありますが、ざっくり言うとこのような原理で体組成を推測しているのが家庭用の体組成計です。

 

体組成計の問題点

水分量による誤差がある

上で説明した通り、体組成計の計測方法には体内の水分量が大きく関わってます。1日を通りて体内の水分量は常に変動しています。

そのため計測するタイミングによって、結果が大きくばらついてしまうのです。対策として起床後など一定のタイミングだけで計測している人も多いですが、それでも水分量の違いはあるので根本的な解決にはなりません。

1日のうちに数回計測すると全て違った数字が出るという経験がある人も多いと思います。数時間で体脂肪の量が数百グラムも変化するわけが無いのに、測るたびに違った数字が出てくるのですから、神経質になる必要は無いでしょう。

ベースとなっている計測方法に誤差がある

一般的に市販の体組成計の数字のベースとなっているのは『水中体重測定法』という方法で計測した数字を性別、身長、体重など統計を取り、そこに生体インピーダンス法で計測した数字を照らし合わせて体組成の推測しています。

しかし、ベースとなっている水中体重測定法は比較的、精度の高い方法と言われていますがやはり誤差があります。

その誤差にさらに大きな誤差が出る生体インピーダンス法のデータをかけ合わせたらその誤差はさらに大きな物になります。

 

体組成計の数字に振り回されない

ジムに行くとコンテスト目指して減量に励んでいる知り合いに「体重が減ったんだけど体脂肪率が増えていた…」という相談を受けたことがあります

筋肉が落ちてしまったんじゃないかと言いたいのでしょうが、トレーニングの記録から大きく筋量が落ちているとは考えづらく、うまく筋肉を残しながら減量できていると推測できます。

しかし、当の本人は体組成計の数字で悩んでしまい、せっかく順調に進んでいる減量の方法を変更することを考えていました。

僕は上で説明したことを知人に伝え、体組成計の数字に振り回されてはいけないと言いましたが、「いや、ジムに置いてある高性能の機械だから…」と納得の行かない様子でした。

実際にはいくらジムにある大掛かりな機械でも生体インピーダンス法で計測している以上、誤差は大きいのですがその数字によって順調に進んでいる減量プランの変更まで考えているのはもったいないです。

何が言いたいかというとあまり体組成計の数字なんて気にしにしないほうがいいよと言うことです。と言っても当然気になるでしょうからそれに対する対策を紹介します。

そもそも体組成計を使わない

体組成計の数字がストレスになるなら測るのをやめてしまえ!という方法です(笑)これまで体組成計でこまめにデータを取っていた人にとっては抵抗が大きいので難しいでしょうか…

ちなみに僕は自宅に家庭用にしては高価な体組成計がありますが(妻が購入…)ただの体重計としてしか使っていません。

測る頻度を少なくする

短期間に何度も計測すると体組成計の誤差がストレスになってしまう可能性が高いので、普段は体重を測るだけにしておいて月に1度だけ体組成を測るなどルールを決めて測るという方法です。

この方法でも誤差は避けられませんので体重が減ったのに体脂肪量が増えていると結果が出てもあまり気にしないようにしましょう。

 

どのようにダイエットの進捗を確認するか?

体組成計は誤差が大きく、ダイエットの進捗状況を知る方法としては適切で無いことを説明してきました。

では、どのようにダイエットの進み具合を確認すればいいのか?おすすめの方法を教えます。

見た目で確認する

シンプルですが最も確実な方法です。単純に鏡の前に立って身体を見るだけです。多くの人が見た目を改善するためにダイエットを行っているのですから実際に見た目を確認するのが1番です。

変化を記録するために定期的にスマートフォンのカメラで身体を撮影すると良いでしょう。

体組成計の数字のようにはっきりとしたものがあるとわかりやすいように感じるかもしれませんが、日常の生活でもコンテストでも体脂肪率の数字を晒すことなんて無いのですから。