おすすめの国産プロテインまとめ

初心者向け 間違えないジム選びのポイントを解説

筋トレを初めてみたいけど、何から始めていいのかわからないという人に向けて誰にでもわかりやすく筋トレの始め方から具体的なトレーニング方法・栄養摂取について解説します。

今回はジム選びのポイントを解説します。ここを間違えると効果的なトレーニングが行えないばかりでなく、トレーニングの継続自体、難しくなってしまうので注意しましょう。

この記事では「筋肉をつけて体脂肪を減らしかっこいい体になりたい!」「筋トレによって身体を強くして健康でいたい!」といった目的の方を想定しています。

トレーニングジムの種類

一般的にトレーニングジムは

  • パーソナルジム
  • フィットネスジム
  • 公営ジム
  • ホームジム

の4種類に分かれます。

それぞれ、メリット・デメリットがあるので解説します。

パーソナルジム

ライザ◯プなどに代表されるパーソナルジムは個室で専属のトレーナーがついてプライベートな感じでトレーニングできるのが魅力です。

その他にも食事面の管理などもサポートなどのサービスも充実しています。

パーソナルジムのメリット
  • 個室でプライベートな環境でトレーニングを行える
  • 専属のトレーナーがメニューなどを組んでくれる
  • 栄養管理などのサポートなど充実している
パーソナルジムのデメリット
  • 会費が非常に高額
  • トレーナーの質が必ずしも高くない
  • 地方では少ない

フィットネスジム

フィットネスジムは主に月額の会員制で様々な運動器具やスタジオがある総合運動施設です。大手の企業が経営していることが多く、数が多いので自分にあった施設を選びやすいでしょう。

最近ではエニタイムなどの24時間営業のジムが人気ですね。

フィットネスジムのメリット
  • 運動器具が充実している
  • 駅前など立地がいい場合が多い
  • シャワールームや貸しロッカー、リラクゼーションルームなどが充実
フィットネスジムのデメリット
  • フリーウエイトが充実していない店舗がある
  • 月額の会員制が多いのでジムに行けないと損

公営ジム

各市町村などの自治体が運営しているジムで体育館などの中にあることも多いです。公営ジムの魅力はなんと言っても料金の安さです。施設によっては無料という場所もあります。

フィットネスジムのメリット
  • 利用料金が安い(無料~数百円が多い)
  • 会員制ではなく1回ごとに料金を払うので経済的
フィットネスジムのデメリット
  • トレーニング器具の充実度は低い場合が多い
  • 利用者のマナーが悪いことが多い

ホームジム

名前の通り自宅にジムを作ることです。ダンベルとベンチだけでの簡単なものからBIG3種目が行えるパワーラックを用意した本格的なものまであります。

ある程度、自分でしっかりとしたフォームで行えるトレーニング上級者向きであるといえます。

ホームジムのメリット
  • 自分の好きな時にトレーニングを行える
  • 他人を気にせずにトレーニングに集中できる
  • 長期的に見れば金銭的に最もお得
ホームジムのデメリット
  • モチベーションの維持が難しい
  • 怪我や事故が起こった場合、周りに人がいないので危険

ジム選びのポイント

通いやすさ

トレーニングは何よりも継続が重要です。どれだけ素晴らしい設備があっても通いづらくて結局行かなくなる…では意味がありません。

会社の近くだったり通勤のルートだったり継続して通える位置にあるジムを選びましょう。

フリーウエイトトレーニングが可能

フリーウエイトというのは、バーベルやダンベルといった自由に動かすことができる重りのことです。

効率的なトレーニングを行うにはバーベルは必須なので、ジム選びの際には必ずフリーウエイトが使えるか確認しましょう。

この時、注意してほしいのはデッドリフトを行ってもOKか?を必ず確認しましょう。ジムによってはバーベルは使えてもデッドリフトを禁止している場合もあります。

加えてマシントレーニングが充実していれば文句なしです。

マシントレーニングとフリーウエイトの違いを解説!

その他にジム選びで気をつけたいポイント

継続して通えてフリーウエイトが使用できればとりあえず効率のよいトレーニングは可能ですがより快適にトレーニングを行うために気をつけたいポイントを解説します。

シャワールームが清潔か?

多くのジムにはシャワールームが設置されていますが、気持ちよく利用するためにも見学の際にシャワールームをしっかりと確認しましょう。大手のフィットネスジムなどはしっかりと清掃されていると思いますが、公営の施設などは設備が古かったり少し清潔感がない場合があります。

利用者のマナーを確認

ストレスなくトレーニングを行うためにも利用者のマナーは確認しておきたいです。1度の見学ですべてわかるわけではありせんが、以下の点に注意して観察することをおすすめします。

  • 常連客(トレーニング上級者と思われる)ばかりがフリーウエイトを占領していないか?
  • ベンチなど器具に座って談笑していないか?
  • バーベルのプレートやダンベルが散らかっていないか?
  • 器具を乱暴に扱っている人はいないか?

こういった点を見学のときに注意して確認しましょう。マナーの悪い人が多いジムでトレーニングするのはストレスの原因になります。

 

おすすめはフリーウエイトが利用できるフィットネスジム

ジム選びに関して注意したいポイントを解説しましたが、これらの条件を考えると初心者におすすめしたいのはフリーウエイトが利用できるフィットネスジムです。

フィットネスジムであれば件数が多いので条件にあった施設を探しやすいですし、料金も月に~1万円程度で通えるでしょう。

インターネットで地域のフィットネスジムを調べて、しっかりと見学をして入会することをお勧めします。設備はインターネットや電話である程度、把握することができますが、全体的なマナーなども含めたジムの雰囲気を確認するためにも必ず見学しましょう。